「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » パニック障害コラム » パニック障害とうつ病

そもそも「うつ病」って何?

いまさら聞けない基本知識 パニック障害と混同されやすい病気に、うつ病があります。そもそも、うつ病のほうがポピュラーな病気ですね。

しかし、意外にうつ病って何?と聞かれると答えに詰まってしまうことがあります。 パニック障害との関係を探るうえで欠かせない、うつ病とは何か?をはっきりさせてみましょう。

うつ病とは一言で言えば、脳のエネルギーが欠乏したために起こる気分や身体の症状ということができます。 つまり、脳のエネルギーが欠乏し、脳のシステム自体に不具合が起こっている状態ですね。

うつ病と一言で言っても様々な分類があります。まず大きく分けて、うつ状態しか現れない単極性うつ病と、躁状態とうつ状態の両方が現れるそう極性うつ病があります。

さらに、重症度や初発か再発かといった区分もあります。更に、特徴ごとに区分した分類もあります。一般にうつ病と言われる場合は「メランコリー型」うつで、その他、「季節型」、「否定型」、「産後」うつなどがあります。

パニック障害患者に多い「非定型うつ」とは

パニック障害も脳に原因があります。さらに、うつ病になりやすい人と、パニック障害になりやすい人の特徴にも相似点が多いため、両方を患う人も少なくありません。

特にパニック障害と一緒に併発しやすいうつ病は「否定型うつ」と言われています。

否定型うつの特徴は、通常うつ病は一貫して元気ややる気が出ないのに対し、好きなことに対しては楽しくなるなど気分の変化がみられることです。

もともと几帳面で真面目、完璧主義な人ほどこの否定型うつになりやすい傾向が強くみられています。 特に気分がイライラしたり落ち着かなかったりします。また、批判されることに過度に敏感になります。

通常のうつ病と異なり、夕方に気分がすぐれず落ち込みやすくなるという傾向もあります。この否定型うつは脳内物質のノルアドレナリンの影響が多いと考えられています。

2つの病気が発症したときの治療の流れ

パニック障害と否定型うつ病の両方が発症している場合、主な治療は精神療法になります。長い時間をかけてカウンセリングをしていくことが必要な根気のいる治療ですね。

特に認知行動療法は両者の治療に有効です。 物事のとらえ方を把握し修正していきます。それに合わせて行動も変化させていく方法です。

また社会リズム療法と呼ばれる方法もよく用いられます。これは生活リズムと対人関係の両方を整えていく治療法です。 対人関係の量と質、そして他社との意思疎通方法を見つめなおし整えていきます。

それに合わせて生活リズムを適切に改善していくことも含まれます。また薬物治療で精神療法をサポートしていきます。

まず、両者とも脳内の神経伝達物質ノルアドレナリンが過敏になっていると予想されるので、ノルアドレナリンの働きを抑制するセロトニンの働きを強化したり、ノルアドレナリンを制御する方向の薬が主軸になります。

その他、精神安定剤も処方されることがあります。 しかし、薬物治療はあくまでサポートであり、精神療法がメインであることは変わりません。

繰り返しカウンセリングを重ね、また本人も改善に向けて取り組む姿勢が必要です。時間がかかりますがあきらめないで根気強く続けることが大切です。

パニック障害からうつ病に移行させないために

パニック障害がはじめに発症し、その後うつ病に移行していくというケースが多いようです。ですから、そうなるのを防ぐために初めのうちから気をつけたいことがあります。

パニック障害による発作は薬で抑えることができる場合が多く、パニック障害の治療は薬物治療がメインになりがちです。

しかし、パニック障害の治療の時点で、認知行動療法などを積極的に取り入れると、否定型うつ病を予防することにつながります。 まず、自分のある物事に対するとらえ方を分析します。

そして、少しづつ修正していくのです。例えば、他の人の意見に過度に過敏になり、自分は否定されていると感じるかもしれません。 そして自分を否定する相手に会うことひいては人と会うことが恐怖になってきます。

その場合には、なぜそこまで相手の意見を巨大化してしまうのか?その批判は本当に自分にとってそれほど重大なことなのか? など自分に問いかけながら考え方を修正していくことができます。

もちろん本人と周囲の人のサポートも大切です。また、パニック障害をうつ病に移行させないために、規則正しく生活を送ることは自身でもできることです。 まず、早寝早起きは基本です。

そして、朝起きて日光を浴びるようにしましょう。それによって不安や恐怖を抑止する物質を作り出せます。

また、自律神経を整えることができますから、パニック障害の治療にもまたうつ病を予防するという点でも非常に効果的です。

1日24時間を規則正しい整ったリズムで生活し、うつ病になりにくい生活へと変えていきましょう。パニック障害とうつ病は深い関係性があります。

ですから、予防法や改善に向けての取り組みも似ていると言えます。途中であきらめず、慌てずにコツコツと長い目で向き合いましょう。

ページの先頭へ戻る

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分