「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » パニック障害コラム » 薬物療法以外の療法

パニック障害に効果的な漢方薬とは

色んな病気に効果のある漢方ですが、パニック障害のような精神的な病気にも効くのでしょうか?パニック障害も人によって程度が違うので効き方は異なるのですが、実はパニック障害を治療することができる漢方はあります。

漢方医学では「気逆」という、いわゆる生命エネルギーのようなものが頭に逆上することでパニック障害のような症状が出ると考えられます。そこで、「気」をうまく発散させるような漢方が使われます。

・香蘇散 ・半夏厚朴湯 ・柴胡加竜骨牡蛎湯 ・苓桂朮甘湯 ・四逆散 ・帰脾湯 などが代表例です。 漢方は、一人一人の症状に合わせて配合や組み合わせを変えることが多いです。

ですから、これらの漢方はパニック障害に効果がありますが、自分でどれかを選んで単一で使用してもそれほど効果が見られない場合が多いです。漢方の専門の人に相談して求めるようにしましょう。

ヨガでパニック障害が改善!?

ヨガでパニック障害が改善されるという説があります。これは単に「ヨガのリラックス効果で…」的なものではなく、根拠があるのです。

パニック障害の原因は脳の神経伝達物質の一つ、セロのトンは正常に分泌されないことにあるのですが、血中の二酸化炭素が増加するとそれが刺激となり、セロトニンが分泌されます。これがヨガと効果があるのです。

ヨガは長い腹式呼吸が特徴ですね。長く息を吐く際に血中の二酸化炭素が増えます。それによりセロトニンが分泌され、パニック障害が改善されるのです。

更に、ヨガの呼吸法にはもう一つ特徴があります。ヨガはゆっくり腹式呼吸をしながら瞑想しますね。この瞑想の状態は、パニック発作が起きたときの状態と酷似しているのです。

ではヨガでパニック発作が起きるかというと、そうではありませんよね。なぜならヨガの瞑想は意図的に起こしているものなので、心が落ち着いています。

ですからヨガの瞑想でパニック発作に慣れる訓練ができるのです。パニック障害の治療において広く受け入れられている暴露療法と同じ効果があります。

パニック障害改善のためにヨガが効果的ですが、そのカギは呼吸法にあります。「身体が硬いから絶対無理!」と敬遠せずに、まずは簡単なポーズから、呼吸を意識しながら初めて見るのはいかがですか?

整体院で治りますか?

パニック障害改善を表記している整体院を見たことはありませんか?これは眉唾物なのでしょうか?効果があるのでしょうか? パニック障害は脳内の伝達物質が原因と言われますよね。

整体院では何も助けにならないんじゃないかと思われるかもしれません。結論から言うと「整体でパニック障害を完治させる」とは言いませんが、効果はあります。

まず、整体院ではストレスや緊張でガチガチになった筋肉をほぐしてくれます。筋肉がほぐれると、副交感神経が優位になります。これにより自律神経を整えることができます。

パニック発作を引き起こす原因になると言われる自律神経の乱れを整えることで、発作を起こしにくくなります。

さらに、特に首や肩、背中の筋肉をほぐし軟らかくすることで神経伝達の働きを正常に近づけることができるため、パニック症の改善につながるとも言われています。

ストレスや長時間労働から起こる体のゆがみは筋肉を固くし、血液やリンパの流れを悪くして神経伝達の働きを低下させます

。ですが整体院で施術を受ければ体がほぐされリラックスでき、神経の伝達経路も回復することができます。

意外に効果的、アロマテラピーの力

パニック障害を克服するためにアロマテラピーもとても効果的です。というのも、嗅覚は感じ取った香の情報を脳の中の扁桃核に送り処理します。この扁桃核は不安や恐怖などの感情を処理する場所です。

ですから、香りと不安や恐怖は密接な関係があると言えるのです。 この道理から、アロマの香りで恐怖や不安などの感情をコントロールできると言えます。

またアロマオイルの種類により、心を落ち着かせ安心感やリラックスを得ることができます。では、パニック障害に効果的なアロマテラピーにはどんなものがあるでしょうか?

まず、自分の気分が良い時リラックスできる状況下、場所でアロマポットやアロマディフューザーなどを使用し香りに慣れていきます。オレンジスイートや、カモミール、ラベンダー、ゼラニウムなどがおすすめです。

こうしてこの香りがあると気分や体調がいいと脳に教えていくのです。お風呂タイムはリラックスできる時間ですのでぜひ活用したいですね。

ハンカチやティッシュに自分が慣れた香りを染み込ませて携帯しておくと、外出先などでも便利です。特に不安感や恐怖を感じ始めたときに使用すると気持ちを落ち着け、パニック発作が起こるのを防ぐことができます。

オレンジスイートやラベンダーなどは万人受けする香なので、マフラーやスカーフにも香りを染み込ませて香りをまとっておくのもいい方法です。 病院に行かずにパニック障害を改善していく方法をあげてみました。

しかし、これらが万能だというわけではありません。やはり、早めに専門医に相談し、そのもとで自宅で上記の両方を続けていくことが望ましいでしょう。

ページの先頭へ戻る

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分