「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » パニック障害コラム » パニック障害と電車

「広場恐怖」は逃げ出せない恐怖

パニック障害患者さんの中でダントツに多いのが電車に乗れない、というケースです。これは、パニック障害の中の「広場恐怖」によるものです。 「広場恐怖」と聞くと、どんなイメージがありますか?広大な何もない場所が怖い、という感じでしょうか。

実はこれ全く逆の意味なんです。これは古代ギリシャに端を発する言葉で、古代ギリシャでは広場で集会が開かれていました。大勢の人が詰めかけごった返し、なかなか抜け出せない状況でした。

そこから、広場恐怖とは「簡単に逃げ出せない場所が恐怖」という意味になりました。 電車というのは、まさにその通りですね。一旦乗車した電車が走り出したら少なくとも次の駅に着くまで降りることができません。

こうした、「自分の意思ではどうすることもできない、逃げ出すことも変えることもできない場所や状況に閉じ込められたことで感じる恐怖感」でパニック発作を起こす患者さんは少なくありません。

パニック障害患者さんにとって、電車というのは完全な「閉鎖空間」になっているのです。この閉鎖空間に対する認識も必要ですね。

「閉鎖空間」に対する理解

閉鎖空間というのは何を意味するのでしょうか?密室殺人事件が起こりそうな場所でしょうか?そうとも限りません。これは本人が「容易には抜け出せない」もしくは「閉じ込められている」と感じる場所や状況のことです。

代表的な例で行くと電車や飛行機ですね。これは一旦乗ると目的地、もしくは次の鋭意まで降りることができません。その他、映画館や美容室、ダイビング、歯科医院の台の上、カプセルホテルなどがあります。

さらには、込み合っている居酒屋の奥の方の席、暗くて狭い飲食店、ダイビング、ヘルメットやマスクの着用、会議、MRI検査など、本人の感覚で容易に抜け出せないと感じる状況も含まれてきます。

周囲の人には明るくて開放的に見える空間でも、何らかの要素で「自分がここから抜け出せない」と感じることがあるならそれは「閉鎖空間」になり、パニック発作が起きる可能性は十分にあるのです。

本人も、自分がどういう心境で特定の場所に恐怖を感じるのかを分析していくと、自分にとっての閉鎖空間がはっきり見えてきます。それは改善に向けての一歩になりますね。

特急や快速は乗らないようにする

パニック障害患者さんが電車を克服していくためにできることを考えていきましょう。まずは、電車の選択からです。目的地に早くつけるのは特急や快速ですね。しかし、始めはあえての特急と快速はスルーで行きましょう。

各駅停車であれば、気分が悪くなれば降りることができます。この、1つの駅だけで降りることができるという安心感が、閉鎖空間を解消してくれる助けになります。 ここから抜け出せない、ではなくたった一駅で降りることができる!という風に考えることができますね。

また、できれば家族や親しい友人など心が落ち着く相手と一緒に乗りましょう。何かをしていると気がまぎれるものです。普段の何気ない会話をすることは心を平常に保つ助けになりますね。

自分でも声に出して「全然大丈夫、落ち着いている、平気平気」と心を落ち着かせるような言葉を発していきましょう。家族や友人から「落ち着いているね」と声をかけてもらうことも自信につながります。

音楽を聴くと気分が落ち着くのであれば音楽を聴いているのもいいですね。リラックス効果のあるアロマオイルをハンカチなどに1,2滴染み込ませておいて、ちょっと不安になるとそれを使用するというのもいい方法です。

できれば、準備の段階から、「これを嗅げば絶対に落ち着く、大丈夫」と自分に言い聞かせておくといいですね。

混雑していない時間帯で体を慣らそう

電車リハビリは混雑していない時間帯を選びましょう。まず混雑した電車だと人の圧迫感で余計に恐怖感が増してしまいます。

また、できれば座った方が心が落ち着くので、絶対に座ることができる空いている時間を選びましょう。 混雑していない時間だと、車両を選ぶこともできます。

実はこれがポイントで、一番後ろの車両を選ぶといいのです。最終車両には車掌さんが乗っているからです。もしも、万が一パニック発作が起きたとしても車掌さんに気づいてもらえるので安心です。

また、混雑していない時間だと席を変えたり、車両を変えたりして気分を紛らわすことができます。人が多いとなかなかそうはできませんからね。気分を紛らわせていると時間がたつのは早いので、あっという間に目的地に着くことができるでしょう。

はじめは1駅区間、次は2駅区間、と少しづつ距離を伸ばしていきます。なれると休校に区間乗る、とか目標を少しずつ上げて取り組むことができます。一つ一つ達成していくと大きな自信につながりますね。

また、仮に発作が起きたとしても、それは失敗ではありません。どういう状況だと発作を起こしやすいのかデータが一つ増えただけのことです。あきらめずに電車を克服できるよう練習を続けていきましょう。

ページの先頭へ戻る

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分